国際移住機関(IOM)駐日事務所は、1981年に開設されました。 

当時は日本で一時的に保護され、米国・カナダに定住するインドシナ難民の渡航手配、健康診断などの出発前支援を実施し、その後インドシナ難民への支援は日本への家族呼び寄せ支援に拡大しました。 

現在のIOMの日本における役割は主に以下の通りです。

  • 世界各地の避難民や移民への支援に関する日本との協力関係の推進 
  • 日本における移住問題への協力 
  • 保護や支援を必要とする移民・難民への直接的支援 
  • (人身取引被害者の自主的帰国・社会復帰支援、定住外国人の子どもの就学支援、第三国定住難民への支援など) 
  • 出入国管理に従事する公務員・警察・NGO職員・移民ケースワーカー等の研修への協力 

要望に応じて、移住政策に関する専門的知見を政府、経済界、研究機関、NGOなどに提供しています 

日本でのIOMの活動について詳しくはこちら 

関連事項