イエメン マアリブ県の5万6000人に対し日本政府の援助で保健支援を実施

ニュース —Local 2022年 5月 27日

イエメン マアリブ県の5万6000人に対し日本政府の援助で保健支援を実施

7年にもわたる戦争によりイエメンの保健システムは大きな被害を受け、現在はもとの半分しか機能していない。昨年、アル・ジュファイナにあるイエメン最大の国内避難民キャンプで暮らす約5万6000人に対し、日本政府の支援によりIOMは生命を守るための保健サービスを提供した。

マアリブ県にはイエメン国内で最も多くの国内避難民が滞在しているとされ、国連は2015年の紛争開始以来、86万人が移住を強いられたと推計している。IOMの避難民動向モニタリングシステム(DTM)によると、2021年だけでも約7万8,500人が避難民となったと推計されている。

紛争により国内避難民となった人々のニーズは、すでに脆弱になっていたマアリブの公衆衛生サービスへのさらに大きな負担となっていた。

クリスタ・ロッテンスタイナーIOMイエメン事務所代表は、「日本政府の支援により、長きに亘る紛争の影響で国内避難民となっている人々の命を救う保健サービスを提供することができました。新型コロナウイルス感染症パンデミックにより保健サービスの提供とアクセスが困難になっている状況で、この支援はさらに重要性を増しています。」と話した。

イエメンでは母子の死亡率が上昇している。国連によると、2時間に1人の母親と6人の新生児の命が失われており、2,190万人の人々が保健サービスへのアクセスを必要としている。

ロッテンスタイナーIOMイエメン事務所代表はまた、「イエメンにおけるニーズのの増加は憂慮すべきものであり、イエメンの人道的状況が危機的であることを物語っています。」と付け加えた。

日本政府の支援により設置されたIOMの固定および移動式クリニックでは、紛争の影響で国内避難民となった人々が診察や治療を受けた。

女性3,000人に対する周産期ケアや、妊婦対して安全な妊娠と出産のための知識を提供する活動などが行われた。

IOMはまた、公共施設における保健サービスの質の向上と能力強化のため、保健従事者226名に精神的応急処置や心理社会的支援に関する研修を行った。

7年にもわたる戦争によりイエメンの保健システムは大きな被害を受け、現在はもとの半分しか機能していない。昨年、アル・ジュファイナにあるイエメン最大の国内避難民キャンプで暮らす約5万6000人に対し、日本政府の支援によりIOMは生命を守るための保健サービスを提供した。

マアリブ県にはイエメン国内で最も多くの国内避難民が滞在しているとされ、国連は2015年の紛争開始以来、86万人が移住を強いられたと推計している。IOMの避難民動向モニタリングシステム(DTM)によると、2021年だけでも約7万8,500人が避難民となったと推計されている。

紛争により国内避難民となった人々のニーズは、すでに脆弱になっていたマアリブの公衆衛生サービスへのさらに大きな負担となっていた。

クリスタ・ロッテンスタイナーIOMイエメン事務所代表は、「日本政府の支援により、長きに亘る紛争の影響で国内避難民となっている人々の命を救う保健サービスを提供することができました。新型コロナウイルス感染症パンデミックにより保健サービスの提供とアクセスが困難になっている状況で、この支援はさらに重要性を増しています。」と話した。

イエメンでは母子の死亡率が上昇している。国連によると、2時間に1人の母親と6人の新生児の命が失われており、2,190万人の人々が保健サービスへのアクセスを必要としている(詳細)。

ロッテンスタイナーIOMイエメン事務所代表はまた、「イエメンにおけるニーズの増加は憂慮すべきものであり、イエメンの人道的状況が危機的であることを物語っています。」と付け加えた。

日本政府の支援により設置されたIOMの固定および移動式クリニックでは、紛争の影響で国内避難民となった人々が診察や治療を受けた。

女性3,000人に対する周産期ケアや、妊婦に対して安全な妊娠と出産のための知識を提供する活動などが行われた。

IOMはまた、公共施設における保健サービスの質の向上と能力強化のため、保健従事者226名に精神的応急処置や心理社会的支援に関する研修を行った。