ウクライナ危機へのIOMの対応

poland
戦闘が激化するにつれ、さらに多くの人々が近隣諸国への避難を余儀なくされている ©︎IOM/Francesco Malavolta

 

IOMはウクライナおよび周辺諸国で増大している人道支援へのニーズに応えるため、人員を増強し対応をしています。ウクライナから避難することを余儀なくされた人々や国内で避難民となっている人々、移動できずに立ち往生している第三国国籍者など、多くの人々が支援を必要としています。このページでは、ウクライナおよび周辺諸国でのIOMの活動を紹介しています。

IOMが最優先とするのは、第三国国籍者を含むウクライナを逃れる全ての人の安全と保護、そして支援へのアクセスを可能にすることです。短期的および長期的な脆弱性を見極めることは非常に重要であり、これには人身取引防止や子どもの保護、保健、及び心のケアなどの観点が含まれますし、高齢者や負傷者・病人など特別なニーズを持ったより困難な状況にある人々の到着にも備えています。

ウクライナ危機に関する記事(日本語版 随時更新)

ウクライナ危機 モルドバ 日本政府によるがん治療薬などの医療支援 - 2022年6月23日

ウクライナ危機 IOMが5億1400万ドルの支援を呼びかけ - 2022月4月29日

ウクライナ 国内避難民710万人 IOM調査 - 2022年4月12日

ウクライナ危機 モルドバ経由でウクライナからルーマニアに避難する人々に対し国連機関が迅速な移動を支援 - 2022年3月11日

ウクライナ危機 IOMは3億5000万ドルの支援を国際社会に要請 - 2022年3月5日

ウクライナを逃れる第三国国籍者に対する差別と人種差別は、ただちに終わらせなければならない:IOM事務局長 - 2022年3月3日

ウクライナ危機 IOMは対応を拡大し、包摂的保護を訴える - 2022年3月3日

img
多くの人々がウクライナから近隣諸国に避難 ©︎IOM/Safa Msehli

ウクライナ危機対応 IOM本部特設ページ(英語)はこちら

ウクライナから避難する人々のためのIOMホットラインはこちら

ウクライナ危機へのご寄付についてはこちら