ルワンダ事務所インターン体験記 2012年10月

IOMルワンダ事務所インターン
西村響子

はじめに

 大学院入学以前から抱いていた、「開発の現場では何が起こっているのか」という疑問に対して、将来の進路の選択肢の一つである国際機関の立場からヒントを得たいと思っていました。そのため私の関心ある業務を取り扱っていると同時に、プロジェクトを実施する現場により近いところで働くことができる、IOMを希望しました。また大学院での研究地域でもあり、現在も解決すべき多くの課題を抱えるアフリカでのインターンを選びました。

 

派遣プロジェクトの取り組み

インターンシップ期間中、様々な業務に関わらせて頂きましたが、私は主に帰還民の社会復帰(reintegration Unit)の案件に携わりました。

現在ルワンダはアフリカ諸国の中でも特に著しい経済成長を遂げている一方で、1990年代中盤の危機後に帰国した人々の社会復帰は国が抱える課題の一つです。1994年から2010年の間に約350万人の難民・国内避難民が継続的に帰還し、再定住を果たしました。

人々の帰還事業を成功させためには、帰還そのものに対する支援だけでなく、帰還後にできる限り円滑に定住し新たな生活を始めることができるように、経済的な自立に向けた支援を行うことが必要です。そこでIOMルワンダ事務所では、ルワンダ政府とともに2010年から帰還民の社会復帰を促進するプログラム (Socio-economic Reintegration of Returnees and Vulnerable Groups) を行っています。私が派遣された2012年現在、プロジェクトは3期目を迎えており、手に職をつけるための職業訓練、家畜の配布、また居住施設の改善などを軸としてプロジェクトを展開しています。

 また、このプロジェクトのドナーは日本です。そのため、IOMの仕事内容を学ぶというだけでなく、遠く離れたルワンダで日本の拠出金によって、多くの人の生活が向上していることを知り得たことは、日本人として貴重な機会でした。人々が劣悪な生活状況から脱却する一歩を日本が支えていることは、自助努力を促す日本の援助の姿勢を示しているのではないかと思います。

インターンシップの内容

まず私の仕事は、職業訓練に関連した業務に携わりました。インターン前半は、講師の情報を収集・プロファイル化するなどの、アドミの仕事をすると同時に、8月に予定されていた講師に向けての研修会(Training for Trainers)の計画や調整を支援しました。フィールドから送られてくる研修会の出席者などを始めとする情報は、日々変化すると同時に時として遅れがちなことが多いです。そのような時は、フィールドスタッフと直接連絡をとり、リストの作成を促したり、情報の正誤性を確認するなどのサポート行いました。各地で職業訓練を行う講師の多くが英語での会話が難しく、現地語が話せない私は、現地語が話せるスタッフに手伝ってもらったり、出来る仕事を見つけて取り組んでいました。

特に研修会が行われた一週間は、事前に送られてきた出席者一覧からの変更の受付や、出席手当てを参加者に配当する仕事に追われました。ですが、150人近くの出席した講師によって、各地方の1,100人以上の帰還民が職業を得る機会を得る第一歩を共有できたことは、私にとって大変勉強になると同時に、「真に人々のために国際機関は存在している」ことを改めて感じました。

また事務所ではプロジェクトの月例報告書に必要な情報の収集、職業訓練を受けている人々のリスト一覧の更新などを行うと同時に、プロジェクトの活動計画も作成しました。これはプロジェクトの進捗状況を記入するもので、上司や同僚からアドバイスを仰ぎながら作成しました。

 

そのほかの仕事

インターン期間中、上記のプロジェクトに関して事務所内でのデスクワークのみならず数度の現場に行くことができたこと、また難民キャンプへの同行や人身売買のプロジェクトなど多様な業務に携わる機会に恵まれました。オフィスが小さいということ、また私自身がインターンを始める際に、上司のみならず事務所長や同僚に現場でのフィールドワークを強く希望していたことが大きいと思います。一つのプロジェクトからは見えないような、国が抱える課題を垣間見ることができたというだけでなく、IOMが取り組むプロジェクトを多面的に知り得たという点で、貴重な経験となりました。

感想と今後の展望

このインターンシップは、これまで論文や講義などのアカデミックな視点から見てきたアフリカの開発問題や国際機関に対して、その枠を超えて現実のものとする機会となりました。首都を中心に発展を遂げつつある反面、地方の人々の生活は未だに貧しく、経済格差が拡大していることに気付かずにはいられませんでした。この経験を通し、開発問題に関して学問的な理解だけに留まらず、より深い理解を伴うスキルとできたことは大変幸運だったと思います。

また各プロジェクトが人々に与える影響の大きさが印象的でした。社会復帰のプロジェクトの場合、前フェーズでも多くの人がプロジェクトを通して生活水準が向上しており、今回のフェーズも対象者が3,000人以上になります。情熱ある優秀な職員や政府と一緒になり国造りの手伝いをするというのは本当にやりがいが感じる仕事です。ですがその一方で、事務所内では度重なる会議や、細かな数字の修正が伴う報告書の作成といった地道な作業が行われており、このような業務こそ上記の成果を支えているとも分かりました。

最後になりましたが、貴重な機会を提供していただいたIOMルワンダ事務所にこの場をお借りして深く御礼を申し上げます。私は留学経験もなく帰国子女でもありません。海外の、それも国際機関でのインターンにチャレンジしてみたいという気持ちはあったものの、一歩踏み出せずにいました。ですが周囲の後押しと、事務所職員のサポートによって3ヶ月のインターンを終えることが出来ました。今回のインターンの通して多くの尊敬できる職員の方々と出会い、今後の進路を決める上での助言や励ましをいただいたことは、私にとって大きな宝物です。本当にありがとうございました。