ニュース —Local 2021年 8月 18日

アフガニスタン アフガニスタンの人々の安全と人道支援のアクセスの確保を最優先に

IOMはアフガニスタン情勢と、それが人道支援を必要とする避難民と市民に与える影響を、懸念を持って注視している。同国では、長年の紛争と干ばつがすでに大きく影響している。

「現在の状況は、困難な新たな課題をもたらしていますが、IOMはアフガニスタン全土の職員の安全とウェルビーイングを保障しながら、活動を継続し、避難民のコミュニティに支援を続けようと努力しています。」と、アントニオ・ヴィトリーノIOM事務局長は言う。

「人道支援関係者の安全と人道原則の尊重は、困難な状況にある人々のニーズに効率的に応え続けるための前提条件です。」

現在も続く暴力により、年初以来、40万人近い人々が避難民となった。他にも500万人以上がすでに国内避難民となっていて、人道支援に依存している。

IOMは市民の安全と保護が最優先事項であると強調し、人道援助関係者が、影響を受けた人々の基本的な権利を守れるよう、救援と必要とされる支援を滞りなく届けられるように、関係者全てに要求する。

首都カブールにおける不安定な状況と最近の治安の変化により、アフガニスタンへの移動と、同国からの移動が影響を受けており、IOMの活動に影響を及ぼしている。

全土の治安状況の悪化を受け、IOMの帰還民への再統合支援や自発的帰国・再定住支援プログラムは、現在休止している。

IOMはまた、アフガニスタン人の強制帰国を停止した各国の決定を称賛する。

市民の安全の保障は最重要であり、関係者全員の最優先事項である。IOMは関係者全てに対し、アフガニスタンの人々の福祉を最優先としながら、対話を維持し、平和裏な解決を目指すように努力を求める。

アントニオ・グテーレス国連事務総長による、暴力の即時停止と市民の人権保護への訴えに、IOMは賛同する。