人身取引対策 参考資料

人道危機下の人身取引対策 - Counter Trafficking in Humanitarian Settings オンラインコース

人道支援の現場での人身取引対策に重点を置いたもので、人身取引の定義や傾向から始まり、危機的状況の中で人身取引を防ぐために支援者ができることまでを学ぶことができます。使用言語は英語・フランス語・スペイン語・アラビア語です。(2020年6月発表)

ct_online_course_humanitarian詳細はこちら

暴力や搾取、虐待に対し脆弱な移民の保護と支援を向上させるためのIOMハンドブック

handbook

暴力や搾取、虐待を受けているか、その恐れがある移民への保護と支援を提供するに当たり、政策決定者や実務家に対し、業務における的確な方向性を示すための3種類の出版物です。(2020年2月発行)

それぞれのハンドブックの説明と本文ダウンロード(英語)の詳細はこちら

人身取引被害者を受けたフィリピン人被害者の出身国における社会復帰に関する追跡調査

2005年から駐日事務所が実施する人身取引被害者への支援の効果を測定し、課題を明らかにすることを目的として、帰国した支援対象者の心理社会的、社会的、および経済的な観点から追跡調査を実施しました。本報告書は、調査によって明らかになったことを示すと同時に、調査結果に基づいた提言をまとめたものです。(2019年3月発行)

詳細とダウンロードはこちら詳細とダウンロードはこちら

IOM人身取引被害者支援ハンドブック

IOM人身取引被害者支援ハンドブック(日本語版)

IOM人身取引被害者支援ハンドブック(日本語版)この冊子は、「人身取引被害者」との最初の接触から、社会復帰支援にいたる包括的な被害者保護と支援に関する実務者向けの指針を提供しています。英語版オリジナルの翻訳として、日本政府の支援により発行されました。

人身取引被害者支援のためのIOMハンドブック 日本語版

※人身取引対策の実務者へは冊子を提供しております。ご希望の方は、ご所属・お名前・送付先住所・電話番号・希望冊数などをお問い合わせページからお知らせください。学生の方で資料として使用される場合は、PDFのダウンロードをお願い致します。

IOM人身取引被害者支援ハンドブック(英語版オリジナル)

IOM人身取引被害者支援ハンドブック(英語版オリジナル)IOMの13年に及ぶ人身取引対策の経験を共有するため、被害者支援についてのハンドブックを2007年発行しました。IOMは政府機関やNGOなどとの協力で、これまでに世界各地で14,000人以上の被害者を支援しました。被害者のニーズは一人ひとり異なり、きめこまやかな対応が求められます。
人身取引の被害者支援に関わる方々にお役立ていただきたい冊子です。

The IOM Handbook on Direct Assistance for Victims of Trafficking

その他

日本での性的搾取を目的とした女性のトラフィッキングの実態 -フィリピン女性に関する調査結果- 1997年