i am a migrant

iamamigrant

 

i am a migrant リーフレット

 

iamamigrant campaign 「移民」とは本来の居住地(国)を離れた人たちですが、一口に移民といっても、置かれた状況は一人ひとり全く異なります。やむにやまれず移動を余儀なくされた人もいれば、自分から望んで移動をした人もいます。  
故郷の戦火を逃れて移動してきた避難民、貧困から抜け出すためによりよい仕事と生活を求めて移住した人、国際結婚を機に相手の出身国で暮らし始めた人、自分の夢をかなえるために外国に留学している人、勤務先での異動により外国に駐在している人など、移民の数だけ移動の背景があります。そして、言語の習得や文化の違いに苦労したり、周りの住人に助けられたり、と移住先でそれぞれ様々な経験をしています。

various migrants
 

移民一人ひとりには、移住先の社会の一員としての横顔があります。移民は移住先から利益を得ているだけでなく、移住先の社会に貢献する存在でもあるのです。
i am a migrantキャンペーンは、そんな移民一人ひとりのストーリーを届けます。

 

世界中のストーリーを見てみよう

 i am a migrantキャンペーン グローバルサイト(英文)      http://iamamigrant.org/

世間に存在する「移民」に対する否定的なイメージには、偏見や間違った情報に基づくものがあります。
そうした負の印象を変えていくのは容易ではありませんが、移民の本当の姿と、移住先と出身コミュニティへの移民の貢献を彼らのストーリーを通じて伝えることは、その一つの方法です。
 
i am a migrantキャンペーンには誰でも参加することができます!
移民としてのあなたのストーリーや、学校や職場など、あなたの身近にいる移民の方へのインタビューをシェアしてみませんか。
 
あなたの参加をお待ちしています!
 
ストーリーのシェアはwebサイトから http://iamamigrant.org/ (英文)で紹介されている移民ストーリーのソーシャルメディアでのシェアも歓迎です。
 
ハッシュタグ #iamamigrantで応援してください。
 
iamamigrant1

 

たくさんのストーリーの中から、一部の日本語訳を紹介しています。

 

togetherTOGETHERキャンペーンは、難民や移民に対する否定的な認識や態度を緩和し、受入国・コミュニティと難民、移民との社会契約を強めることを目指すグローバル・キャンペーンです。
 
i am a migrantキャンペーンは、TOGETHERキャンペーンと目的を同じくしています。
 
sustainable goalsi am a migrantキャンペーンは、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標(SDGs)」の、特に目標16「平和と公正をすべての人に」に直接貢献します。