移住と開発

アフガニスタン IOMの支援で帰国し、国内の病院に 勤務する女性看護師 © IOM 2012IOMの移住と開発プログラムは、移住の負の影響を、開発や貧困削減に貢献する力に変えることに焦点を当てています。国際的な専門家・地域の専門 家と協力しながら、IOMは政府や移民、その他の関係者と以下を目指した活動をしています。
 

目的

  • 移民に対する海外送金サービスを改善する政策やメカニズムの策定を支援し、開発のインパクトを高める
  • 国の開発目標に貢献できるよう、政府の移住管理キャパシティを強化する
  • 移住を選択せざるを得ない環境を改善するために地域経済の再生と成長を支援し、地域に居住を続ける選択肢を与える
  • 自国との架け橋として、他国に居住する自国民の開発への潜在力を活用する

主な活動

  • 移住と経済 / コミュ二ティ開発
  • 経済的移住の要因への対処
  • 海外送金の開発への効果を高める
  • 専門知識を持つ自国民の帰国・社会統合支援
  • 海外在住の自国民の開発への潜在力の活用(Migration for Development in Africa -MIDAなど)

移住と開発(本部英文サイトへ)→