IOMの活動

Photo: IOM 2013IOMは、「正規のルートを通して、人としての権利と尊厳を保障する形で行われる人の移動は、移民と社会の双方に利益をもたらす」 という基本理念に基づき、移民個人への直接支援から関係国への技術支援、移住問題に関する地域協力の促進、移住に関する調査研究などを通じて、移住にまつわる課題の解決に努めています。

IOMはその憲章において、人が自由に移動する権利だけでなく、移住が経済・社会・文化と深く関わっていることを謳っています。

IOMは主に以下の4つの分野で活動しています。

  • 移住と開発
  • 移住の促進
  • 移住の管理行政
  • 非自発的移住への対応

その他、横断的分野としては、国際移住法の推進、政策論議やガイダンス、移民の権利の保護、移民の健康、移住におけるジェンダーの側面などがあります。

移住と開発

移民コミュニティーと出身国との関係は、開発を成功に導く鍵となります。IOMは、移民個人や社会のために、移住を開発に活用することを目指しています。政府の管理能力を高めるような、政策に関する国際的な対話、政策志向の調査やプログラムを促進しています。

具体的な活動としては、送金システムの改善、労働移住プログラムを通じた人材育成、海外在住専門家の帰還・再定住支援、政府のキャパシティ・ビルディング、女性移民のエンパワーメントなどがあります。

関連セクション 移住と開発→

移住の促進

人の移動は今日の世界の特徴です。統合化された市場、国境を越えたネットワークの出現、通信技術の急速な発達により、高度人材と非熟練労働者、学生、研修生、家族、観光客など全ての人の移動が増加しています。
産業化された世界では、他国からの労働力や専門家が必要とされます。労働を目的とした大規模な人の移動はそもそも調整が困難ですが、経済の競争力を維持したい場合変化は不可避です。労働のための移住の促進は、全ての人々に利益を与え得るものです。
IOMは労働移住等の人の移動について、政府に政策的、技術的な助言をし、選抜・採用、語学研修、文化オリエンテーション、領事業務、トレーニング、受け入れ、社会統合、帰還などを通じて、政府や移民を支援しています。
IOMは、移住についてのこうした周知、申請、面接、承認、到着後支援などの関連サービスを、プログラムごとのニーズに合わせ、移住の全てのプロセスで提供しています。IOMは世界各地で入国管理に関わる健康診断を実施し、移民に対して移動や渡航の支援をしています。

関連セクション 定住外国人の子どもの就学支援事業→

 

移住の管理行政

政府と社会は、自国にどういった人々が入国しようとしているか関心を持っており、許可された人の円滑な入国を進めながら、許可されていない人の入国を防ぐことを目指しています。IOMは、政府による移住政策、法制度、管理メカニズムの形成や実際の運用を支援するため、査証システム、入国・在留管理、生体情報の収集と活用に関する技術支援や国境管理に携わる政府職員へのトレーニングを行っています。
全ての政府は、非正規の流れを秩序ある正規の人の移動に変えていくことを目指しています。IOMは、防止から被害者への直接支援まで、人身取引や人の密輸に対処する活動を行っています。また、避難民や、移動の途中や移住先で困難な状況にある移民等への自主的帰国と社会復帰を支援しています。

関連セクション 人身取引対策→

非自発的移住への対応

難民や避難民は、「移動する人々」の中でも、特別な配慮が必要な人々です。IOMは、緊急時やその後も引き続き難民を支援し、恒久的解決として、多くの難民の第三国への定住を支援しています。
IOMは国内避難民、元戦闘員、民族間のあつれきの被害者、復興期にある人々への支援を行っています。世界各地に居住する移民を対象に、在外選挙の運営を支援します。戦後請求権・補償に関する支援も行い、専門的知見があります。

関連セクション

政策活動

移住を理解するため、新しい政策を形成するため、実務を考える上でも、調査や分析は不可欠です。IOMは、移住のトレンドや諸問題、活用法についての周知に努めています。IOMの調査や出版物は、移住についてのより良い理解を促しています。

関連セクション 出版物・資料→
 「世界移住報告書 - World Migration Report」などIOMが発行する出版物はこちら

IOMは国際移住法の分野での役割を強化しています。また、包括的な移住管理を実現するためのトレーニングを、政府や関連機関に対して実施しています。こうした活動をする上で、移民の権利と義務、ジェンダー、移民の健康などに配慮することが重要です。

移住に関わる共通の課題に対処する政府間で、定期的な協議を行う必要性がますます高まっています。IOMは、北米・中南米、欧州、アフリカ、アジア太平洋において、地域協議プロセスの運営を積極的にサポートしています。こうした枠組みを通じて、国際協力を強化し、情報交換と経験の共有、信頼関係・協力の構築が進んでいます。グローバルな課題については、IOM理事会の一環で開催されるInternational Dialogue on Migration(「移住に関する国際協議」)が、移住に関する政策や協力などについての主な国際的な協議の場となっています。

関連セクション 移住に関するフォーラム→